Shamisenbouzの日記

冷めやすい性格の私が唯一長続きしたのが24歳から始めた三味線。三味線や音楽、たまにはその他の話題について、日々、四苦八苦したり伝えたい気持ちをマイペースに発信していきます。

cakewalk by bandlabでドラムの音作り

 

はじめに

 

二十代から三味線演奏を嗜んで、今年8月から、吉田兄弟上妻宏光さんらのような格好良い曲を超える、三味線のオリジナル曲を作れるようになるぞ!と、意気込んだはいいものの、三味線一本での作曲(メロディー&リズムを決めて独奏)だけでなく、いわゆるDTM(パソコンの作曲ソフト)を使っての編曲(三味線以外の楽器の音を入れたり、エフェクター使ったり、ミックス作業もしたり)を目指していますので、覚えることはたくさんあるし、苦手なパソコンを使うがために、音楽以外の意味分からない壁にぶち当たりまくったりと、中々、もどかしい日々を送っております。

 

なんとかカバー曲二つを作ってみたものの、基礎、基本がないために、ホントに行き当たりばったりの『デキちゃった』感じで、自分の意図した編曲、意図した音を出して聞く人を楽しませてみたいものですなぁ。

 

shamisen bouz - YouTube

 

なので、自分が段階的に、具体的に理解していく意味でも、自分自身のためにも、試行錯誤の痕跡をブログに書き出して、自分のようにこれから始めようとする方のほんの手助けにもなれば幸いだ。

 

私が演奏するのはリズムが特徴的な津軽三味線で、作曲やDTM作業でもリズムは屋台骨となるので、これを出来るだけ理解し、マスターしようと努めるのは必須だろう。

ということで、今回はcakewalk by bandlabというフリーソフト、MT-PowerDrumKitというドラム音源を用いて、ドラムの音作りについて、手探りしていきたいと思う。

 

ネットでも有益な情報を提供していただけるサイトはあると思うが、超初心者にとっては、一冊マスターすれば一つの基礎、基本形が習得できるような、まとまった参考書的なものが欲しくなったので、探してみると、

 

 

というのが、見つかった。

この本は文章の説明だけでなく、プロが、ミックスを勉強するための参考音源をCDにして付録してくれていることがメリットで、いくつもの作曲ソフトに対応しているので、自分が使っているソフトに音源を貼り付けて、自分自身でツマミをいじりながら、音の違いを確認しながら、勉強を進めていけるのが素敵なポイントだろう。

この本をもとにしながら説明していく。

 

今回ドラムのミックスを勉強するのに参考にしたのは、PART1のフェーダー操作編、と、PART2のEQ(イコライザー)徹底活用編だ。

 

フェーダー操作(音量調整)

 

まずはフェーダー(音量)操作を勉強してみたい。

MT-PowerDrumKitには、いくつものドラムパターンが収録されているので、その中から一番シンプルなフレーズを選び、オーディオトラックにドロップ&ドラッグ。

 

調整後の音声を貼り付けていくが、ヘッドホンの方が違いが分かりやすいと思う。

ヘッドホンの場合は、くれぐれも耳を傷めないように気をつけて聞いて欲しい。

 

オーディオトラックに貼り付けただけ。これはなにもいじっていない。これだけでも格好良く聞える。が、バランス的にスネアやキックの音が大きく、シンバルが小さい。

 

迫力、音圧をあげるには、高い音から低い音までまんべんなく音が鳴っていないといけないという。また、ロックバンドサウンドで高音を稼げるのは、シンバル、ハイハット類の金物が唯一だ。

 

「じゃあシンバルの音量を上げればまんべんなくドラムの音が鳴りますね」と、初心者の発想で、高音を稼ごう、目立たせようとすると、シンバルのボリュームを上げてしまいがちだが、目立たせたいトラックの音量を上げていくコンセプトだと、他の楽器を含めたミックス作業に入った時、全体のマスターボリュームがどんどん上がってしまい、爆音状態、下手すると音割れしてしまうので、シンバルは0dbのまま、キックやスネアの音を先に下げてから調節する方がいい、というのが先記の本の主張だ。

 キックを-10dbしてから、スネア、ハイハット、シンバルの順に調整した。

 

シンバルをなるべく0dbから下げないように、シンバル>キック>ハイハット=スネアのバランスで調整する。

これから、 二番目に貼った音声データを基本として比較していってもらいたい。

 

「ルーム」・「オーバーヘッド」

 

新しい言葉を覚えた。

「ルームマイク」・「オーバーヘッドマイク」だ。

私はドラムを演奏できないので、バンド演奏を聞いていても、ドラムの音というのを注意深く聞いてこなかったのだが(反省・・・)、ドラムの録音、打ち込みをする際には、ルームマイク、オーバーヘッドマイク、という音をミックスしてドラムの全体像を形作っていくらしいのだ。

DTMに限らず、ドラム演奏の時にも、いろんな所にマイクを立てて、ドラムサウンドを形作っているらしい。

 下の写真がオーバーヘッドマイク。

キック、スネアを中心として、太鼓の発音する場所の近くで録音するのが「オンマイク」というらしいのだが、金物の高音域成分が不足する。上に貼り付けた、一番最初の音声データのように。

そこで、「オーバーヘッドマイク」によって、シンバル、ハイハットなど高音域のパートを中心に録音し、「オンマイク」の録音にミックスしていく。

f:id:Shamisenbouz:20200927114350j:plain

これがオーバーヘッドマイク。シンバルやハイハットの音を中心に録音し、高音成分を補う。ライブ演奏の時でも、そういえばこういうの立ってたな・・・。

 

 そして次に「ルーム」。呼び名と同じく、ドラムを演奏している部屋の空気感を出すのに重要だ。演奏しているドラムから数メートルほど離れた所から録音するらしい。

 

さて、「オーバーヘッド」、「ルーム」という新たな知識を、単純打ち込みしたドラムの音声にミックスさせて、生で演奏しているかのような素敵なサウンドにしなければならない。

ソフト付属音源や、ドラム音源の中には、あらかじめ「オーバーヘッド」、「ルーム」を再現できる機能が付属している場合があるようだが、私のDTM環境では、そのような贅沢な機能はついていない。

かといって出せるお金もないので、今ある道具で何とかするしかない。

先記した本に付属していたCDに、「オーバーヘッド」、「ルーム」のトラックが入っていたのを思い出し、それを聞き比べながらなんとかそれらしく再現することに・・・。

 

「ルーム」は、私のcakewalkに入っていたoverloudのBREVERB2というリバーブエフェクターを使って再現した。

f:id:Shamisenbouz:20200927135018j:plain

ROOMからDRUM UP FRONTを選択し、再現を試みた。

 

「オーバーヘッド」も、付属CDの音源を聞きながら、ドラムセット上部から録音しているような効果を、フェーダー調節して再現した。

 

そして、似非「オーバーヘッド」、「ルーム」マイクをミックスしてベタ打ちのフレーズにミックスしたのが、こちらだ。

 

違いを感じていただけただろうか?

音の膨らみというか、空気感が加わって 迫力が出たように思える。

各音量の調整は先記の本の書かれた通りに実行した。

 

二種類のマイクをミックスしただけでも、音の差は十分、変化したが、ドラム以外の音、例えばベースやギターや何やらを足していくと、キックの音などが埋もれて屋台骨であるドラムの威厳が損なわれてしまう場合があるので、次はイコライザーで音の味付けをしっかり付けていく。

 

イコライザー活用

 

味付けに使用したのが、cakewalk付属のsnitus equalizerとblue cat audioのBC-FreqAnalyst2だ。

超初心者にとっては、耳だけで音の違いを確認するのは不安な材料だが、アナライザーというものを使うと、音の違いを視覚的に確認できるので、心の支えになる。

 

f:id:Shamisenbouz:20200927141441j:plain

波線で、音の高低がどう出ているかが確認できる。

 この味付けも、参考にした本の書かれた通りに行った。今の自分なりに、自然で迫力のある、生っぽいドラムサウンドに近づけたつもりである。

 

さいごに

 

イコライザーを調節した結果がこれ。

よりブリブリしたサウンドになった。次回はドラムのミックスに慣れた上で、ベースの音を足し、迫力あるリズムトラックを目指していく。